2017年 中学受験合格実績

2017年2月21日

2017年の中学受験合格実績です。

5人中4人が第一志望に合格しました。

 

開成 1名

聖光 1名

栄東東大選抜コース(特待)1名

浅野 1名

湘南白百合 2名

東海大付属相模 1名

 

以上です。

 

 


2016年大学受験合格実績

2016年3月11日

2016年 生徒13名の大学受験合格実績です。

【国立】

東京海洋大海洋科学部(留学生特別枠公募推薦)1名

【文部科学省所轄外の大学校】

防衛大 1名(一次合格、二次辞退)

【私立一般】(アイウエオ潤)

学習院大法学部1名、北里大薬学部1名、神奈川大学法学部2名

関東学院大看護学部1名、経済学部1名

慶應大経済学部1名、國學院人間開発学部1名

中央大法学部1名、帝京平成大現代ライフ学部1名

東海大健康科学部1名、

日大経済学部1名,国際教養学部1名

【私立AO,公募推薦,推薦】

入試科目に小論文、面接、科目試験があります。

専修大商学部1名(推薦)、東京理科大経営学部(推薦)1名

星薬科大学薬学部(公募推薦)1名、

立教女学院短大幼児教育科(AO)1名

以上です。生徒たち全員よくがんばったと思います。

 

 

 

 

 

 


2016年中学受験合格実績

2016年3月9日

2016年の中学受験合格実績です。
生徒10人中9人が第一志望合格でした。
男子校
麻布1、浅野1、成城1、桐蔭特待1
女子校
桜蔭1、豊島岡1、白百合1(内部進学)、湘南白百合2(内部進学)
共学校
西大和学園1、東海大相模3、アレセイア湘南2

以上です。


「中学受験を考えたらまず読む本」

2015年6月23日

IMG_1197

日本経済新聞出版社の発行による
「中学受験を考えたらまず読む本」
に執筆いたしました。
保護者の役割、心得などをまとめてありますので、ご覧いただければと思います。


2015年 大学合格実績

2015年3月15日

2015年の大学受験合格実績です。 (生徒10名)
◆国公立
信州大学農学部 1名
水産大学校 1名

◆私立
早稲田大学社会科学部 1名
早稲田大学人間科学部 1名
青山学院大学総合文化政策学部 1名
東京女子医科大学看護学部 1名
立教大学経済学部 1名
東京女子大学現代教養学部 1名
上智大学経済学部 1名
関東学院経済学部 1名

◆私立AO入試
関東学院大学経済学部 1名
帝京平成大学現代ライフ学部 1名


2015 中学受験合格実績

2015年2月14日

2015年の中学受験合格実績がでました。
今年は、生徒8人中7人が第一志望中学に合格いたしました。
麻布    1名
ラサール  1名
海城    1名
鎌倉学園  1名
山手学院  1名
桐光    1名
帝京大   1名
桐蔭    1名
藤嶺藤沢  1名
アレセイア 3名
以上です。


AO入試合格

2014年10月14日

2014年の秋は、AO入試で二人の生徒が第一志望に合格した。
関東学院大学経済学部(1名)と帝京平成大学現代ライフ学部(1名)です。
どちらの生徒も、中学時代、学校とあわず、成績がのびなかったたり、不登校になったりして、高校は通信制を選び、AO入試で大学への道を切り開きました。
AO入試は、基礎学力が身についていないのではという批判もありますが、
将来、就きたい職業がはっきりしている場合、非常に有効な入試方法だと思います。中学、高校で深刻な挫折を味わいながらも、AO入試で大学への道を切り開いた生徒たちを誇りに思います。


2014年大学入試合格実績

2014年3月12日

2014年大学入試合格実績です。(生徒8名)
国立
京都大学 文学部1名
私立
慶應大学 経済学部1名
早稲田大学 政治経済学部(AO入試)1名
東京女子大学 現代教養学部1名
中央大学 法学部2名
明治大学 情報コミュニケーション学部1名
國學院 人間開発学部1名(AO入試)
神奈川大学 経済学部 1名
上武大学 ビジネス情報学部1名(AO入試)
東大受験した生徒がいましたが、0.001点の差で合格に及びませんでした。
合否は、常に僅差です。
1点の重みを生徒たちに伝えていきたいと思います。


中学受験2014年合格実績

2014年2月12日

中学受験2014年合格実績がでました。生徒数は11人で 第一、第二志望合格率81%です。
今年は、算数男子の国語力UPが大きな課題でした。
SAPIX、四谷大塚などの模試では、ずっと合格率が30%以下の生徒が多かったのですが、
入試5日前に仕上がってきて、2/1からの本番で実力をフルに発揮できたことが合格につながりました。
男子は、ラスト一週間で伸びる!
これが今年の生徒たちの大きな特徴です。
以下、2014年の合格実績です。

開成1, 灘1
聖光2, 栄光1, 浅野1
慶應普通部1, 慶應湘南藤沢2
慶應中等部1(二次は辞退)
早稲田佐賀1
サレジオ1, 逗子開成4
鎌倉学園1
法政第二1
山手 特待1 山手2
東海大相模2 他 多数


日本女子大学附属中学校国語入試問題分析

2011年5月21日

日本女子大学の教育理念は、
「自ら行動することで、その考えや判断を高める」です。
さらに、自ら行動するために、
「隔たりのない幅広い知識を身につけること」を挙げています。
この「幅広い知識」こそ、
日本女子大学附属中学の国語の入試問題につながるキーワードです。

国語の入試問題は、桜蔭、女子学院やフェリスのように、
「一目でわかる出題傾向の特徴」がなく
まさに、あらゆる分野から出題され、出題形式も多岐にわたっています。
記述問題は、自分の言葉で置き換えさせる形式が多いので、
読み、書きともに、豊富な語彙力を要求されています。

日頃の読書量が大きく作用する入試問題といえます。